高所恐怖症




午後からクライアント様との打合せでモノレール乗り継いで空港

それにしても年を重ねるほど
年を重ねるごとに症状が進んでいるように感じる高所恐怖症
若いころの東京勤務は、新宿副都心の高層ビルが職場でしたが、そのころは全く高いところも平気だったのですが、いつの頃からは分かりませんが、高いところがダメになってしまいました

最近はこのモノレールも、前の風景見てるとお尻の当たりがこそばゆい感じがするのは私だけでしょうか

そもそもモノレールは、一本の高架にまたがった構造だけの乗りものを、心の底から信じ切ってよいのでしょうか
そう考えると長いエスカレーターも最近手すりが心の支えになっております

さてさてこれからまだまだ進行するのかどうかは、改めて検証することにいたします

  
 
◆ランチ:たぬき+おにぎり
◆この日のてくてく:7,139歩

こんな記事も読まれています