あて 一覧




グルメブログ 食いしん坊へ 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ 

「つるし」の3文字、大違い

夕方いつものお散歩先での事

最初の肴はあっさりと白魚ポン酢からのエントリー
さっぱりとしてプチプリ感を楽しんだ後、本日のお肴ボードを確認すると「つるしベーコン」が目にとまりました

ベーコンは定番メニューでございますが、わざわざ「つるしベーコン」と書かれているからには単なる「ベーコン」とは違うのでしょう

それではと一つ頂いてみたのですが「つるしベーコン」と単なる「ベーコン」の違いは香りでございました
燻製チップの香りが強く残っています

これならビールでもいつもの水割りでも、お酒の肴にもってこい!

こうした小さな発見あることも毎日遊べる理由の一つでございます

   

◆ランチ:シャケだし巻き定食
◆この日のてくてく:6,610歩


サザエのつぼ焼き

ちょっと前、貝の有毒プランクトンによる貝毒の話題を耳にしておりました
ところが不思議な事にサザエを代表とする巻き貝には、毒素が蓄積されないそうです

この日はお散歩先の肴に、サザエのつぼ焼きがありました
夏の岩ガキにも並ぶ夏の食材サザエも美味しい季節になります
お刺身もいいのですが、私は香りと甘みのある醤油味のつぼ焼きがお好みなのです

ほど良い大きさのサザエのつぼ焼きが二つで300円という、このお店だけの特別レート
そんな訳で最後の一皿を運よくゲット

サザエ 41kcal 調味の日本酒11kcal 醤油3kcal
合わせて55Kcalとカロリーの面から考えても、とってもお利口さんの肴でございます

そういえば、昼間コンサル社長が来られた時の差し入れが、雪見大福
これ1個だけでも74kcalなので、ここでもサザエのつぼ焼き君の勝利です

  

◆ランチ:おろし蕎麦
◆この日のてくてく:7,932歩


ふかのあらい

日曜日、この日は本社が和歌山のスーパーに本日の肴を探しにお散歩

店内放送のあったタイムバーゲンの卵を仕入れたのちに、お魚のコーナーで見つけました

ふかのあらい
20代の頃、和歌山の宴席で初めて知ったホシザメを材料にしたあらいです

アンモニアを体の中に含むサメは、そのアンモニアで腐りにくいことから、昔山陰の奥深い地域で海の幸として珍重されたと聞きました
 
初めて食べたふかのあらいは、そんな臭みも一切せずに、淡白で歯ごたえの残の身にからしみそがよく合って、以来私の好きな物の一つに加わりました

大阪ではあまり見かけないのですが、流石和歌山から広がったスーパー、この日の肴はふかのあらいに決定しました

◆ランチ:とろろ蕎麦
◆この日のてくてく:2,257歩


ほぼカニ

日曜日スーパーでのお散歩で見つけました

夜の肴に酢味噌でたこか、わさび醤油の鮪かと迷いついでに両方ゲットした後、見つけたのが、カネテツさんのほぼカニ
ご丁寧にただのかに酢ではなく、黒酢入和だしカニ酢付きだそうでございます

この黒酢入和だしカニ酢で頂いてみたほぼカニ
結構おいしゅうございます
子供の頃、おやつに1本渡された、かねてつさんの竹輪からほぼカニに繋がるなんてメイドイン日本の力を感じます

カネテツデリカフーズさんの「ほぼカニ」はほぼシリーズとして
他に「ほぼホタテ」「ほぼカキフライ」があるそうなので、機会があれば試してみます

◆ランチ:551の豚まん
◆この日のてくてく:2,968歩


子持ちカレイ

火曜日は朝一番に市役所行ってその後、実家の区役所での手続き
その後いくつかのご用を済ませたのは、結局15時過ぎになったので、午後から会社でお仕事の予定を変更

会社はお休みして、おうちに帰る前に立ち寄ったスーパーで見つけたのは、美味しそうな子持ちカレイ
私は冷蔵庫の中のドリンクストッカー以外、何が入っているのか知りません

そんな訳でこちらで仕入れたものは
子持ちカレイに高知の生姜、群馬産の土付きごぼう

この日お出かけの奥さんは、まだ戻っておりませんので、お家に戻ってからは缶ビール片手に夕食の肴、子持ちカレイの煮つけに取り掛かります

まずはお湯を沸かして、子持ちカレイに注いで臭みを取ります
別のお鍋には、酒80ccとみりん・濃い口醤油をそれぞれ40cc、これに水80ccを加えて、スライスした生姜とごぼうを浸し、煮立ったところでカレイを投入

落し蓋はございませんので、アルミホイルを上からかぶせて15分

出来上がったころに奥さんご帰宅
開口一番は「濃~い匂いしてる・・・」

余計な心配させられましたが、最初は日本酒、続いて飲んだ白ワイン
どちらにも美味しい子持ちカレイの煮つけでございました

◆ランチ:カレーうどん
◆この日のてくてく:3,194歩


1 2 3 4 40