広告から見える、サイトリンクへのお考え!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ

サッポロビール「ホワイトベルグ」サッポロビールさんから、2014年5月13日に新発売された新ジャンル
「サッポロ ホワイトベルグ」買ってみました
 
「近年人気が高まっているベルギービールの中でも、ホワイトビールに着目し開発・・・」とあるのですが、私の行く居酒屋さんの中では、「近年人気が高まっているベルギービール」は、見かけたことが無かったので楽しみです
サッポロビールさんの「サッポロ ホワイトベルグ」専用サイト
 
大手さんの広報ってやっぱりすごいですね!
商品ごとに、しっかりビジュアルと仕組みを固めて、パリッと人気タレントさん使っています
 
実は私のサッポロビールさんのウェブサイトに対する評価は、キラキラ上位にランクイン、とってもスタンスの良いサイトなんです
 
何が良いかと言いますとサッポロビールWebサイトのサイトフッター部分から、誘導している「ご利用規約」
 
この中の「10.リンク」の部分の
「サッポロビール株式会社(以下、「サッポロビール」といいます)は、サッポロビールWebサイト内のどのページに対してもリンクを歓迎いたします。」
の文章に私、サッポロビールさんのウエブに対するスタンスを感じてしまうのです
 
このブログ(おやじのお散歩)からでも外部へのリンク張るとき、最低限リンク先さまのサイト確認します、特に「リンクについて」の記述の部分!
 
この部分、見てると結構面白いんです
WEBは、リンクや、知りたい・見たい人が、検索や様々な方法で目的のホームページを見にきます
そして、内容や・事情がどうあれ「リンク」という行為がどこかで発生しています
 
過去どこかの新聞社の開いたサイトが「本サイトは、閲覧だけを許可するものでありリンク等はあらかじめ当社へ申請・・」の超上から文章に、「ホームページを即刻閉鎖しろ!」とメールを過激に送ろうかとまで考えた私にとっては、リンクは、最終閲覧者様からのリテラシーにかかる部分と割り切って
「年齢認証のあるサイトや、公序良俗を・・・」というお断りの但し書きをするまでだと思います
(「許可をとれ!とか報告しろ!」のサイト様へは、当方からのリンクはしてないと思うのですが・・・)
 
SEO(Wikipedia)の世界でも「被リンク」の数を気にするだけに、TOPページなどでいくら「お客様~」と呼ばれても、リンクについての説明部分でせっかくの良い評価も台無しにするほど、上から表現や、「検索されてるWEBの意味」がわかっていない文章のあるサイトが、多いことも事実です
 
■おやじのお散歩へのリンクについて
 1.本サイトへのリンクは、運営者としましてとっても嬉しく、その都度感謝で小躍りします
 2.リンクについては、運営者自体がリンク頂いたことすら把握できないと思いますので
  どうぞ任意のページにご自由にどうぞ!

ってぐらいで、いかがでしょうか?
 
あらま、脱線だけで十分長い!
サッポロビールさんの「ホワイトベルグ」、ビールを飲みだして30年以上のキャリアがある私です!
 
これ日本人のイメージするビールとは違います
晩酌ついでのガブ飲みとはちっと違う感じ、できればゆっくりくつろぎスタイルで、こじゃれたアテで優雅に飲みたい・・・
うっ~、これ以上私のつたない文章では説明できません

以降、サッポロビールさんの会社概要、ニュースリリースからの転記です
 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////
「サッポロ ホワイトベルグ」ビール大国ベルギーで栄冠!最高ランク「優秀味覚賞 三ツ星」を受賞
2014年5月14日
 
0776-1「近年人気が高まっているベルギーのホワイトビールに着目して開発し、ベルギー産麦芽と小麦麦芽に加え、上面発酵酵母を採用し、スパイスであるコリアンダーシード(注1)、オレンジピール(注2)を使用することで、洗練された華やかな香りと爽やかな味わいを実現しました。   
 当社は、「サッポロ ホワイトベルグ」が世界的に認められ、ビール大国ベルギーにおいて最高ランク「優秀味覚賞 三ツ星」を受賞できたことは、光栄であり名誉ある賞だと考えています。

(注1)乾燥したコリアンダーの種子で、フローラルな香りが特長。
(注2)オレンジピールには、マンダリンオレンジまたは温州ミカン
    を使用。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////