彼にとっては、夜のお店と同様です

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ

基本的には私は朝一度だけフェイスブックをチェックするのですが、以前の会社の仲良し同期の投稿がありまして、服用続けた薬の副作用での肺炎で入院していることを報告しておりましたが、入院に「いいね!」もないかなと、そのまま放置

会社に到着後、スマホにメッセージが到着しておりまして、その入院している彼から「皆さんお元気ですか?」と訳の分からない曖昧なメッセージ

これ入院しておそらく一段落し退屈しての「退屈やからいじくってくれ!」との私への合図と思います
彼と私は、お互い結婚式の司会をやった仲で、お互い仕事は変わってもそれぞれの会社でつながっている関係です

ちょうどこの日は午後から車で外出、空港近くのクライアント様との会議、それも彼の入院している病院の近くです

そんな訳で、会議の終わった後に病院へお見舞い訪問
病院では私の思った通り1週間前の入院で、そろそろ先も見えてきたところで退屈虫が蠢きだしたところのご様子です

彼の特性というか本性というのが良いかは分かりませんが、どこに行っても女性を笑わせる特技を持っております
談話室にいた私たちに採血に来てくれた看護師さんへの応対は、夜のお店に行った時のノリのまま

この日は水曜、夜のお散歩先は全員集合の「ある時」です
東京から戻ってきた肥後橋親父も彼をよく知っているので、本日の見舞いの話をしたのですが、肥後橋親父の頭の中では彼の入院生活は、お酒の出ないコスプレ系のお店にいるように聞こえたはずです

◆ランチ:味噌汁定食
◆この日のてくてく:10,895歩