アプリの操作でリアル電話

*基本的におさぼり時間に予約投稿してるので、タイムラグ(2日間程度)がございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ

先日メインに使用している銀行口座のアプリをスマホに登録
残高や入出勤金が手軽に見ることができるのを今更ながらに知った私です

それでも通帳からWEB明細に切り替えるのご案内には未だ断固供しているのも事実です
やはり印字されたもので確認したがるところはじじい年代の性でしょう

ただ窓口で手続しないでアプリで済ますためにはワンタイム認証(Wikipedia)という2段階の手続きが必須とのことですが、口座造った時の届け出電話番号は、自宅の固定電話番号です

アプリからこのワンタイム登録の手続したら最後の最後に登録した電話番号から電話しろとのお達しで、今まで延び延びになっておりました

本日朝の支度が済んだ7時過ぎ
このことを思い出しアプリからワンタイム確認登録再度再開、最後に表示されたフリーダイヤルに電話したところ、男性のリアルのお声がしたので朝一番に間違い電話したかと焦ってしまった私です

アプリやネットで手続すると、スマホから自動で電話番号確認したりメールやメッセージアプリに確認項目が出るのが殆どです
おまけにスマホは指紋認証で起動するので他人の操作は受け付けない時代です

間違い電話のお詫びする直前に「○○銀行ワンタイム・・・」
危うく出かけた「間違いました」を飲み込んで、朝一番の寝ぼけ声でお返事始めた私です

一般的な本人確認した中で、生年月日の確認の後「干支」を聞かれ、20年近く前のお金の融資部門の担当当時のテクニック、久々に耳にしてこれまたびっくりの事でした

3分ほどで手続き完了、起きてきた奥さん何の電話かいぶしがっておりましたがこちらは聞かれるまでは放置

先方の確認項目の中で
「振り込み詐欺や、銀行や警察を語っての・・・」の案内になんだか妙な気がしたのですが、先ほど会社に来てから、○○銀行のワンタイム登録の内容確認すると
「専用ダイヤルにお電話いただき、オペレーターによる確認をさせていただく場合があります。」の説明です

これ「確認をさせていただく場合があります」ということは、全てに電話確認することはないよの裏返し?

振り込み詐欺ではございませんかのご質問や干支を使った確認は、もしかして年齢によっての振り分け確認あったのかも・・

昨日年金申請したばかりの私の邪推かもしれません

 
 
◆ランチ: 稲荷セット
◆この日のてくてく:6769歩
◆この日の移動:113.6マイル