届け出印はございません

*基本的におさぼり時間に予約投稿してるので、タイムラグ(2日間程度)がございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ

先日市役所から届いた通瓶を開いてみると「介護保険料納入(変更)通知書」と書かれて書類てありまして
9月から介護保険料金額が12,500円になるようです
 
ちなみに先月の給与明細を見てみると、控除の項目の中の介護保険額は4,346円
満65歳の誕生月以降は、給与からの控除は無くなり、本人が支払うことになるのは、先月着ていた口座引き落としの登録案内の書類で知りました

ただ一挙に3倍の保険料とはなかなかのびっくり金額
会社の税理士さんに聞いてみたら、今の制度では誰もが同じように驚かれるとの事

仕方がないのですが、書面細かく見直し問題発生
先月返送しておいた引落指定口座は、私が新入社員の時の口座のままで既に長年管理管轄権限は奥さんです
 
ようやく今の仕事になって、給与は口座振り込みの呪縛から逃れて、毎月の生活資金は奥さんの管理の元の私の名義の口座へ振り込んでます

ここに今までなかった介護保険料の引落など発生すれば、この追加金額以上に強い波風立つ事必須です

そういう訳で年金用にと作った、隠し口座から引き落とそうと思ったのですが、私も集金代行の実務経験もございます
分からない点は、今回作った銀行口座はネットで申し込み

届出印は不要のWEB申し込みのお手軽手続きが売りでした
お陰で残高や口座の動きはスマホのアプリで済んでます

ただ口座振替依頼書は印鑑照合が最終の重要ポイント
そこでキャッシュカードにかかれたコールセンターにお問合せしたところ、
「印鑑不要のお口座ですので、収納代行会社から送られてくる口座振替依頼書の届出印のところは、シャチハタ以外のご自身お持ちの印鑑押してください!」
 
口座照合の責務は当然銀行側にございます
私の場合そもそも届出印のない口座なので、集金代行会社から印鑑照合の為に送られた依頼書は、言ってみれば無審査承認されるようです

カードの申し込みに届出印不要を最初にしたのは楽〇さま
 
転送不要の宅配業者さんの手渡し行為を、本人実在証明に使った当時相当踏み込んだシステムございましたが、今回の「シャチハタ以外で結構です」に加えて、朝のニュースで給与振り込み決済カードアプリ導入前向きなお話もありました

なんだか金融機関さんのこれからの行く末、考えさせられたお話です


  
◆ランチ:おろしうどん
◆この日のてくてく:7,460歩
◆この日の移動: 34.3マイル