あれこれ 一覧




*基本的におさぼり時間に予約投稿してるので、タイムラグがある事がございます

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ 

土曜20時、難波ミナミで30人分、席キープ?

同窓会に行ってきました
高校時代3年1組の同窓会です
 
幹事役を買った出てくれた女子がたったひとりですべてを手配してくれました
以前このクラスで開いた同窓会は、確か私が30代の頃だったので、かれこれ20年以上前の事と思います
 
当日は、担任の先生含めて30人ほどが出席です
先生も、かれこれ卒業してからずいぶんになるのに、この日多くのみんなの出席に、たいそう喜んでおられたご様子でした
 
最初は至る所で「え~どちら様で?」が聞こえておりましたが、あっという間にタイムスリップ
17.18歳のあのころの話と言葉に戻ります
特にこのクラス、ある事件で大量停学事件を起こしたクラス
皆がいろんな思い出詰まっています
 
幹事頑張ってくれた女子に「どうして突然、思い切ったの?」とご苦労されたと思えるこの同窓会の牽引理由を伺うと、
「あと何年かしたら還暦でしょ!還暦後の同窓会ってなんだか悲しい」とのご回答
 
そうでした、一般的な会社ならまだまだ60定年が普通です
まだまだ現役中に、お顔を見るのもいいことでしょう
 
このあと自然発生の2次会は、誰も欠けずに全員揃って行くことに!
 
30予約も無いし、まして土曜日のミナミです
 
私も予約も無しに10人以上で突然飲みの経験なんてありません
 
そんなうろうろ徘徊途中で、誰かが客引きのお兄さんに交渉したら、お兄さんいろいろ電話しまくり、とあるお店でOKですのお返事です
 
ぞろぞろ団体さんいらっしゃいのお店に到着してみたら、何ぼ何でもこれ無理無理の貸切ブロック
20人も座れないだろうの場所に30人弱ぎっしり
 
おまけに客引きお兄さんの誘導です
 
でもでも、そんなことにお構いなしで、40年近く前の高校生たちはみんなでワイワイ賑やかです
ここでも大いに盛り上がった2時間で、飲み放題でお一人2,000円の気抜けするようなご精算
 
誰かの機転の利いた客引きのお兄さんとの交渉も、参加者全員同じ席で楽しめたことも、あれもこれもがお陰さまを感じた楽しい時間でございました


商品名より注意書きが印象的!

落ちこぼれ大学生3人の青春を描いたふぞろいの林檎たち
1983年放送開始、山田太一原作・脚本、主題歌はサザンオールスターズの「いとしのエリー」
何かと話題になりました
 
関西グリコ工場生産「冬のくちどけポッキー ココア仕上げ」の注意書きは「不揃い品!」
 
パッケージの横には、「製造工程でちょっとかけたり折れたり・・・」のご説明
これシールでなくて、パッケージ本体に印刷されてあるのです
 
そして商品自体のGlicoの包装シートのロゴの部分に、「フゾロイ」のエンボス印刷
 
流通の中で出た勿体ないから訳あり商品というより、新手の話題への企画商品と、逆手に考えてしまうようなコンセプト商品です
 
持ちこんできたお嬢と、「私もほしい!」とデザインお嬢の喜びネタ
 
中身は美味しい太めのポッキーでございました
 
DSC_2255 DSC_2256 DSC_2257


年に2回は、長~い飲み会

以前勤めていた会社には、オフィシャルのOB会があります
総会は7月、1月の東京は第3土曜、大阪は第4土曜日が新年会と決まっています

MAXで3,500人いた会社です
リーマンショックを含め様々な社会環境の変化から現在1,000人超の会社です
勿論、希望退職も何度か行ったおかげで、こちらのOB会はなかなか個性的なOB会なのです

DSC_2223何が個性的かと申しますと、もともとOB会というものは、きれいにリタイアした元役員を中心としたご長老を取り囲むものと思われがちなのですが、こちらの場合「希望退職」という結果OB会に、まだまだ現職お仕事バリバリ世代が多いのです
おまけに、会社が上昇中には業務研修や福利厚生に注力したおかげで、社員全体の意識レベルも標準化、比較的組織すきすき人間が多いのです

そんな会社のOB会です
この日の参加者は80名弱、現役役員も出席するのですが、こちらはわたしと同世代、当然彼らの元上司OBさまも多く出席してます
現役役員様も、OB様の前ではいつものペースではいけないのであります

そんなことで、私もたくさんの先輩や同期、いろんな懐かしいみなさんとのお話で忙しいのです
こんな調子で、お昼11:30から2:30までが第1部

クロークでお荷物とコートを受け取ると、恒例酔い覚まし歌唱隊の塊が第2部の始まりを待ってるご様子です
OB会の事務局役員は、今から反省会と称して打ち上げなのであとで合流しますとメールが到着

酔い覚まし歌唱隊だけでも大人数
実態会長兼運営事務局長は、既に3時間の大部屋確保も手配済みのご様子です
P1246062懐かしい顔と懐かしい歌だけでなくどこで覚えるのの高いセンスの歌声続く中、2時時間過ぎてお電話が入ります

合流するためこちらに向かっても間に合いませんので次のお店で会いましょうのお電話す
これで3次会開催が決定です
この日は、東京から大阪会場での参加の友人、ホテルは心斎橋近くにおさえていたため、南船場のお店で合流のお約束

酔い覚まし歌唱隊の第2部二次回もめでたく終了です
ではでは地下鉄で梅田から心斎橋への移動です

DSC_2226いつものお店に到着したのは、19時前
既に先着されてる人数は4名です

此方は6名なので合わせて10名
昼から遊んでこの時間、顔ぶれ見ても、まだまだ皆さん現役中、まだまだお仕事もお遊びもどちらも継続中の皆さんです

翌日、自宅を7時出発の予定のある私です
締めはラーメンの掛け声に、この日の私は途中リタイア、それでもご帰宅23時を過ぎてます

DSC_2220会場に入る前、会場までご一緒していた元同僚が、
「これ飲んでるといいですよ!」とお奨めいただいたウコンの力
 
ウコンの力の効能なのか、日頃の鍛錬のお蔭なのかはわかりませんが、翌日いつも通りのふつーの朝を迎えました
 
めでたしめでたし!


地元でお散歩

日曜日の夕方、4家族ご集合

私の上の娘と小学校から中学・高校・大学と、おまけに現在の職場まで一緒、兄弟以上の二人共それぞれの家庭を持ったので、2組の家族から4組の家族となって集合です

DSC_2168地元のお店はたいてい生き先決まってしまうのですが、今回は娘の兄弟以上の友人の旦那のお友達のお店だそうです
美味しいお料理に楽しいお話、最後はこれまた初めて地元のスナックでのお歌の勉強

まるまる6時間ほど遊んでいたことになりました
まっ今回は、奥さんも子供も同席です
文句を言われることは無いでしょう

DSC_2171 DSC_2173 DSC_2180


冬の京都でお贅沢、お茶屋遊び!

3部連続記事の最後は、やっぱりあれでしょう

学生時代は、自宅通学していた私です
帰るのが面倒になれば必ずもぐりこんだ先の友人の4畳半の下宿

あまりに頻繁にもぐりこむ私のために、専用の歯ブラシまでそろえてくれた友人です

そんな彼は、卒業してからも京都一途、仕事も家も京都です

今夜は彼のお誘いで宮川町
この街の灯り、独特の色合いはやはり歴史の重さを感じます

この日、私たち4人の席に、お座敷になんと6名でのお迎えです

同じお酒の席でも、さすがお茶屋の遊びは、私ものりよく乗せられます
女将を含めて舞妓さんから芸子さん、縦の社会と歴史を重ねた躾の中で身につく独特のおもてなし

この夜も楽しくお勉強させていただきました

DSC_2153 DSC_2154 DSC_2167


ご飯とお汁

この前みんなでランチの際の話題で、そこそこ盛り上がったものが「ご飯とお汁」
 
私の場合、ワンプレートで盛られたお料理の場合、お汁がライスに混じるのが嫌いなのです
子供の頃のお弁当箱も、ご飯とおかずは仕切りしかないためご飯におかずのお汁がつくのが微妙だった思いや、学生時代に初めて入ったびっくりドンキー、木のプレートに盛られたライスとハンバーグ、そしてサラダに驚いた私です
 
でも皆さんこのあたりのご意見様々です
最後は出汁とごはんが混じるお料理、丼の判定まで広がって、食の好みもそれぞれととっても盛り上がりました
 
1415594249968でっ、ランチに話を戻します
私麺は好きですが、食するランチは麺ばかりではありません
 
時間に余裕があればいろんな定食ものも頂いちゃったりするのです
お汁とごはんはもちろん別々です

 


時間の経過が作るもの

DSC_e2031「こんなのありました!」
と手元に渡されたのが、七味唐辛子のビン
 
貼られたラベルを見て、まずは長年経過の時間を感じます
そして、直接的な七種の素材が書かれたデザインに目が行きます
 
これ何時ごろの瓶?
 
ガラスとプラスチックのキャップから推測できるのは、決して置き忘れて隅っこでほこりと共に眠っていたものではありません
しっかり現役、七味唐辛子のビンの役目を果たしているのでしょう
 
なんだかこの瓶を普通に使っているお店の人柄までを、勝手に推測している次の世代に渡ろうとする自分を感じた一品でございました


お誕生日プレゼントは残業!?

12月の後半、金曜日になりました
時刻は既に18時を回っています
来週は既に最終週、なのに未着手案件2件も残っているのです
 
ちょっと大きなサイトの一つのカテゴリー部分リニューアルで12ページほどが今週案件として残っています
こんな時にはお決まり通りのお客様
久々のお顔を見てのお話ですが、残った仕事が気になって、早々にお話し終えて作業に戻ります
 
あららすでに制作の相方さんが、せこせこ作業をしてくれています
CSSの元ファイルを操作しての作業なので私は別の作業にかかります
 
やっとのことで相方さんの作業も完了、こんな調子で時計を見ると22時
 
既に二人ともガソリン切れての状態に、お腹に給油して帰ろうと近くのお店に飛び込みます
ここラストオーダー22:30です
 
4・5品急いでメニューをチョイス、ビールでやっと落ち着きます
 
そういえば、この日は相方さんのお誕生日
あれあれとんだ誕生日になってしましました
 
でもでも、いつも相方さんには助けて戴いております
次のお誕生日には、しっかり埋め合わせさせていただきますので、本日はここのところでお許しください
 
以上、お誕生日おめでとうございますでございました
 
DSC_2015 DSC_2016


My Cup noodle 作ったどー!

紅白の横ストライプは、まことちゃん
黄色と白は、チキンラーメンが私の固定イメージ

3週間前から奥さんに釘を刺されて、ラインにまでお忘れなくを送られたガキンチョふれあいデー
当日テーマに選んだのが、日清さんのインスタントラーメン発明記念館と、伊丹市昆虫館

池田にあるインスタントラーメン発明記念館は、私以外は奥さんも娘もガキンチョもすでに体験済み
「なんで?」と思いはしたものの、口をはさむと面倒そうな雰囲気に黙ってアッシー君になりました

DSC_1944 DSC_1940

到着後は、My Cupnoodel 体験コーナーへ
目的は、ここでのオリジナルカップヌードルが目的だったようで、そこそこ行列があったのですがまずはここから始まりました

DSC_1970?好きの私にしても、これはこれでありかなとマイカップヌードル造りも完成
嬉しげに皆さん同様笑顔で戴いてのですが、ここで気づくのはぼけてる証拠

出来上がりはカップヌードルで、決してチキンラーメンではないのです
「すぐおいしい、すごくおいしい」で育った私は、
インスタントラーメン発明記念館は、チキンラーメン博物館であって、ここでの体験もチキンラーメンのお持ち帰りと思い込んでいたのです
娘曰く、チキンラーメンは、2階のチキンラーメンファクトリーでの制作になるそうです

時刻は既にお昼前
ランチは、次の目的地伊丹市昆虫館までの道すがらでとることに
 
伊丹からの飛行機で離陸後、真下に見える昆陽池公園にある伊丹市昆虫館、初めて行きました
ドーム型の大きなチョウの温室の中には様々な種類の蝶が飛び交いなかなかの見もの
暫くは、ぼーと蝶々の姿に見とれてしまいます

昆陽池公園、街中にあること忘れる風景残っているいい公園でした

DSC_1956 DSC_1959 DSC_1948 DSC_1946


遊んでいただけることはいいことです

この週、南森町のお散歩先は3回目
 
今週の一緒した方はそれぞれ違います
皆さんそれぞれが、「今日の夕方、空いてる?そっちに行くけど・・」
 
私の心の中でのお返事は
ハイハイ、ご希望のお店は存じております
きっと新しいお酒も今週もたくさん到着していると思います
勿論今日も混んでるとは思いますが、心の広いお母さんとお店の常連さまが、無理クリダークダックスの一人として迎えていただけると思います
 
どうも私も周りも皆さん、一度お連れするとこの手のお店は、皆さん未経験なだけにかえってお店とお客さんの雰囲気に、また行こうの流れになってしまうのです
ましてお財布にとっても優しく、それでいて中身は反比例の豪華充実、お店に迎えて戴いたなら皆さん満足するはずです
 
でもただただびっくりするのが、皆さんよく私の空いてる時間を被ることなくアポ取されるのかが、いまだに不思議な私でございます
 
DSC_1884 DSC_1885 DSC_1886


日曜日には平和な鍋料理

秋も深まり温度でばんしゅう晩秋を感じるころになりました
 
朝の通勤にコート姿の男性を見たこの日、御用があって昼過ぎからお仕事抜けてうろうろ、
5時頃会社への電話には全然、大丈夫のお声に、私うちに帰ろう!
うろうろ途中に合流した奥さんと帰り道でのお買いもの
  
そういえば、先日戴き物の電気鍋が到着してます
戴き物のアイガモ米の純米酒もあります
世界遺産の地熊の生しぼり柚子ポン酢も手に入れました
 
タイミングは熟しております
「鍋にしよう、それもシンプルなポン酢で!」で決まりです
 
私が子供の頃の冬の日曜日、お鍋が結構記憶にあります
うどんすきにしたり、魚ちりにしたり手を変え品を替え鍋料理が多かったのです
すき焼きやフライものに比べて、子供の頃の私にはちょっと残念感があったのですが、
ウチの親父もしっかり鍋好きだったと、今の私にはわかります
 
この日のお鍋は、シンプルな、鳥団子と豚肉をメインにした水炊きです
 
でっ感想!
 
DSC_1790◆電気鍋
加熱調整が難しく、ガラス蓋から見える泡湯気で元気よく煮込まれるのはよいのですが、あとの豚の灰汁が結構たいへん
東京での単身生活の幼児をちょこっと思い出しました
土鍋に比べてお手入れ簡単僧なのがなかなかキュート

 
DSC_1739◆北村醸造場 台地からの恵み 純米酒
お米マイスター主催のいっちゃんうまい!米コンテストで優勝した藤本農園のアイガモ米で作ったお酒
まったりしていてこれはこれでおいしく戴きました

精米歩合:70% アルコール分:15度以上16度未満 日本酒度:-2.0
酸度:1.7 原料米:中生新千本(無農薬・アイガモ使用)

DSC_1737◆熊野の生しぼり柚子ポン酢 丸正酢醸造元
なんといってもお味が濃い
柚子もしっかりしながら濃いめの出汁醤油が、水炊きの弱点ポン酢の腰砕けをしっかりカバーしております
 
原材料
柚子果汁、本醸造醤油(大豆・小麦を含む)、甘酒、本みりん、
発酵調味料(米)、昆布、かつお節だそうです
DSC_1738 
そんなことで、これからのシーズン、せめて日曜日には平和な鍋料理が続くことを願っております私でございました


親父はアメリカ村でハロウィン

DSC_1745週末金曜、宴会流れの親父3人、ちょこっと行きますか!
一人の親父のベースの一つはアメリカ村

御堂筋からアメリカ村へ向かう道は、若者たちで結構混雑、おまけにゾンビがうようよしてます
「あらら今日はハロウィンだったのね!」

親父3人ともが、職場でハロウィンの一文字も知りません
「ハ」で思い浮かぶのはあれしかないのが親父の年代、仮装のお祭りなんて考えたこともないのがおやぢなのです
でっ目指したお店は、お店の前もお店の中も大賑わい

一人の親父は、どこに行ってもお顔の広さはピカピカです
満員のお店でも、すんなり入ってお友達のお客さんとハイチーズ!

賑やか楽しのアメリカ村でのお散歩となりました
めでたしめでたし

DSC_17g46 DSC_1f755 DSCd_1753 DSC_175g4
DSC_175e7 DSC_d1757





1 217 218 219 220 221