生を嫌って缶なら良しは如何なものか

*基本的におさぼり時間に予約投稿してるので、タイムラグ(2日間程度)がございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ

連休5日目最終日の15時過ぎ
ここ数日間は夕餉の肴探しの枠を超え、ほとんど夕食材料の仕入れ係になってるお散歩開始

昨夜から泊まりに来ているガキンチョは、遊びに出かける前に「晩御飯はこっち?」
ママから何にも返事が来ないと奥さんお返事してました

そんなこと思い出しながら、何かないかとまずは野菜売り場で見つけたものは、高知産あおとうがらし

これをフライパンであぶってしんなりしたときにお醤油で味と香りづけ
鰹節を振りかければ、これ私のお気に入りの肴の一つ

次の鮮魚売り場は悩みました
生食用の牡蠣、パックの中には大粒の牡蠣が8粒見えます

悩んだ理由は本日の夕食人員
奥さんと二人だけの場合、奥さん生ガキ嫌っております

さすがに私一人で大粒の牡蠣8つは多すぎます
そんなわけでリスクを避けて生牡蠣は残念ながらあきらめたのです

後はどうにでもなりそうなものを仕入れて親父の勝手なお使い終了

自宅に戻ると、下の娘もここで夕食て電話があったそうです

この時点で生牡蠣への葛藤が再び悔やまれます

仕入れたお肉をサイコロステーキに焼きあがるタイミングで娘の到着

一人心の中での生牡蠣への募る想い
そんな折、嫁さんワインの肴に牡蠣の缶詰持ってきた

  

◆ランチ:お弁当
◆この日のてくてく:1,997歩