にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ 

初の出社が7月だそうです

この日の夕方、川の向こうから渡ってくるカード君が、若い二人従えご来店

二人とも黒のポロシャツ来てたので、昼間キャンペーンでもさせていたのかと思ったのですが、今週初めて出社した新入社員だそうで、今の若手はラフな服装ということでポロシャツだそうです

7月に入って初出社、新入社員としての職場での研修も始まるそうで、指導役も自宅の動画研修済ました社員の教育方法、どうしたものかと考えて本日砕けた部分の研修にと、まずはお酒の特訓に連れてきたそうです

世間では、まだまだリモート続けている人もおられる様子

ウチのお仕事の勤務時間はいまだ短縮中
それでも別に滞留案件もないようなので、もしかしたらこのままでもいいのかも

そんなことも考えてしまうようなこの頃の状況
今年に入っての状況はお仕事に対する考え方にも、大きな影響を与えているように感じます
 

 
◆ランチ:ミニ親子丼ぶりセット
◆この日のてくてく:7,521歩


べたこい天ぷらのうどん

学食のメニューに対する思い出では、カレー・ラーメン・とんかつ定食等主なものが並ぶのですが、べたこい(平べったい)天ぷらの衣に申し訳なさげに干しエビが乗った天ぷらうどん

出汁に浸ってふにょふにょの衣となって、出汁に小さな油の輪が広がります
当時から私には、これはこれでおいしいエコノミーな天ぷらうどんでございました

今でも立ち食いソバのお店などで、よく見かける風景
私はこの天ぷら自体の塩味が、いい味出してるお店が多いように思うのです
 
この日もそんなうどんが食べたくて天満駅(JRおでかけネット)近くまでお昼のお散歩
 
これも本日、梅雨の中休みの1日のおかげさまで、お散歩てくてくできたのでございます

◆ランチ:天ぷらそば
◆この日のてくてく:8,956歩


22年前の私は旅行部門に出向中

平成10年(1998年)
・長野オリンピック・パラリンピック開催
・アントニオ猪木プロレスから引退
・ドイツで超高速列車ICEが脱線。100人以上が死亡
・火星探査機「のぞみ」が打ち上げ成功
・Google設立
・金大中韓国大統領日本訪問 
・江沢民中国国家主席日本訪問
・イラクを米英が空爆

22年前、私自身は勤めていた会社の旅行部門の子会社に出向中でございました

そのころ仕込まれたお酒が
菊姫 吟醸酒山廃仕込み 山吟原酒 平成十年度熟成酒

昨日、問屋さんが720ml瓶2本だけ持ってきたと、見せてもらったのがこのお酒
冷やして明日お店に出すと言っておられました

販売予定量は、720ml×2=1,440ml 
 
こちらで日本酒に使うのは、大阪府小売酒販組合連合会の正規コップ正味200mlなので、1,400ml÷200ml=7.2杯
表面張力いっぱいまでお酒を注ぐのがこちらの流儀、少数点はございません

ネット価格はプレミアついてるびっくり価格もありました
いくらにするのか気になってはおりましたが、この日の貼り出し価格は650円

これ仕入れ値聞いてた私にとってはびっくり価格

お客さんへのお振舞でも尊けてるお店
ほとんど日本酒好きの常連様へのお中元替わり?

もちろん私も半年ぶりに日本酒頂きました

  
 
◆ランチ:ファミリーマートの海鮮ちゃんぽん
◆この日のてくてく:8,344歩


オプションの「ちょっとうどん」は我慢しました

朝はトースト1枚食べました

それでも12時過ぎには、すでに遠慮がちな空腹ラッパが聞こえています

外はあいにくの雨
こういう時は、目的なしの意徘徊散歩は避けたいところ

何にしようか頭の中で徘徊した結果は、オムライス
オムライスの名店は、このあたりでも数ありますが、商店街の中なら傘もささずに歩けます

久しぶりのいずみやさん(Google map)のオムライス
知らない人から見ればふつーの食堂ですが、なかなか侮れないお店なのです

今はこういう頃合いなのでめったに見ることはなくなりましたが、海外からの観光客にも人気のお店
メニューの幅も広い中、こちらオムライスも人気の一つ

暫し待って出てきたオムライス

写真の左側から食べると、ぷるっぷるのプレーンオムレツ
食べるというか、飲むオムレツという方が当てはまるぐらいぷるっぷる

食べ進めケチャップライスに行き当たったら2度目の満足
そのままワシワシ食が進みます

食の太い人なら「ちょっとうどん」というミニうどんのセットにするのもお勧めです

ちなみに夜の帰宅後の夕食も、オムライスかぶりました

◆ランチ:オムライス
◆この日のてくてく:7,769歩


客引きは、阪神ファンのマネキン少年でございます

Yahooニュースに面白そうなタイトル
IT化の壁「昭和おじさん」

記事の中にあった「昭和おじさん」の定義部分の要約
—————————————————–
1993(平成5)年ごろまでに就職をしたバブル世代に多い
ピラミッド型社会、村組織、団体交渉がモットー
終業後や休日にも躊躇なく部下を誘い、野球やゴルフ、慰安旅行が大好き
飲みの席では仕事のお説教と、頼んでもいない人生相談、そしてカラオケがフルセット
—————————————————–

昭和に生まれ、昭和で成人、昭和に就職した私です
そんな私が感じる昭和おじさんの定義の感想は「お上手!」

基本的にこのタイプの上司と、ごく当然に当たり前にお仕事してきた私
何ら不思議にも感じず過ごした毎日でしたが、若い方たちからはこういう見え方するかと、違う角度の視点も面白く感じます
 
そんなこと考えながらランチには、個性的なデイスプレイ
古くからあるお店ではないので、平成越えて令和生まれの少年かも

ついつい見とれて、お店の中へ

焼き鳥屋さんの冷やし中華は、鶏肉ベースの野菜サラダ風
あっさりヘルシータイプの冷やし中華、おいしく頂きました

 
 
◆ランチ:冷やし中華
◆この日のてくてく:8,394歩


1 2 3 4 5 474