にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ 

単なる酒飲み、言い換えれば異業種交流

いつも通りお仕事終えていつものお散歩先

昨夜の深酒メンバーのほとんどがお揃いです
皆さんそれぞれお別れした後の状況報告会、聞けばそれぞれいろんな風景浮かびます
 
私はといえばおうちに帰れるかと皆さんに心配頂いたぐらいの酔い方だったそうですが、酔いを命令する部分と帰巣意識を受け持つ脳の部分が違うので、ちゃんと電車で帰ったのです

そんな中、すでに本日先ほど宴会からお帰りのお一方
いつもの、もりもりがぶがぶワッハッハが全くありません

聞けば先程の宴会で、飲むのも食すも冒満状態
ちびりちびりの状態ですが、皆さん本日お揃いだろうと、いつものミーティングにご出勤

異業種交流、ここまで固まることも凄さがあります

こうしてこの日も9時半になれば散会です
 
そういえば二日酔いのランチにしては食べすぎました


 
◆ランチ:五目そばセット
◆この日のてくてく:6,804歩


1週間の始まり始まり

今夜の話題の一つに私が千鳥足になると、ちどり歩きの左右の幅が半端ないとのご指摘がございました
 
千鳥足=アルコールによる運動障害
 
アルコールの血中濃度が、0.16~0.30%強い酩酊状態になると、大脳の新皮質の理性的抑制が効かなくなり大脳辺縁系が混乱しだす頃合い
ビールなら中びん4~6本、日本酒なら4~6合程度と言われておりますが、こうなると私の場合、昨夜はあれから???・・・
部分欠落症状が現れます
 
月曜日、お散歩先には夜の重役お揃いです
本日は節分なので、北新地では節分の恒例行事「お化け」でにぎわう日

話題は夜のネオンに傾いたのですが、ちょうどこの日はおなじみのお一人が「会社辞めてやったぞ!」のお祝い日
 
自分で自分を祝うため、皆でついて行ってやるのノリに巻き込まれ、次のお店に繰り出しました

私は初めてのお店でしたが、ここでも恵方巻やおいしいお酒いただいて、この日の血中濃度が急上昇

お店を出ての千鳥足
車で帰ってくださいと、タクシーまでは覚えております

週初最初の日の翌日は、欠落部分が多い昨夜の事でございます
 
  
 
◆ランチ:中華そば
◆この日のてくてく:11,960歩


昭和の大将

日曜日、昨夜から妹が実家に来て、本日実家のご用時事です

私も午前中に奥さんと、一昨日下の娘からのLINEで「日曜よろしく」と頼まれたガキンチョ連れて実家に移動

御用を終えたのは13時
お昼どうしようかと思ったのですが、昔よく両親が何か事あるごとに出前をお願いしていたお店が浮かんだので、行ってみるかと誘いをかけると妹もいたく賛成

妹は大阪から離れて30年以上たってます
出前のお店の思い出も、故郷の郷愁の一つでしょう

お店に入るとテーブルが4つ、座敷が一つ、あとはカウンターだけのお店は昭和のまんま
かすかに残る記憶合わせをしたいると、後ろのカウンターではご老人お二人の会話が聞こえっるのですが、ともに少しお耳が遠くになっているようで、全体にボリュームが大きいのです

そのうちおばあちゃんが帰られたのち、おじいちゃんは私の座る位置の正面のお座敷に座ったのですが、お顔を見て気づいたこの方こちらのお店の創業者
私たちが出前のお料理楽しみに待ってると、スーパーカブで颯爽と料理の配達していた若き頃のご主人です
 
お店は息子夫婦が切り盛りしながら、昭和の大将今も現役のご様子です
 
久々に懐かしい思い出と、おいしいお料理をおなか一杯頂いたのですが、お支払いのほうも昭和の香りが残っていました
 
◆ランチ:中華いろいろ
◆この日のてくてく:2,296歩


はしご酒

土曜日のお仕事
8:00に出社、すぐに作業にかかります

理由は、昨日から地味で長い作業が続いております
それでもこれも済ませなければ次の工程に進めません
ランチタイムの気分転換以外は、ず~っと作業に集中
 
5時過ぎお仕事終了で、いつものお散歩

土曜日は土曜日でいつもの常連に加えて土曜参加組も合流するので、なかなか繁盛状態となるのです

昼間の疲れで私はいい具合の頃合いにこちらを撤収
地下鉄乗って乗換駅に到着すると、何やらあわただしいムードです

改札前で駅員さんが、ご質問のお客様対応中
どうやら途中で事故で一時運休の様子です

いつの発生?と聞いたところ、10ほど前だというのでこれから1時間近くは動きません
 
そうなれば親父の時間つぶしは唯一無比のあれしかありません
 
改札に背を向けて駅前の赤ちょうちん
天井のポスターや厚いベーコン肴にここでは焼酎
 
1時間半ほどたってからお家についた私は、完熟完成型の酔っぱらお親父に変身です
 
  


ずれは天然

夜のお散歩先、私の隣で飲んでる駐車親父
先ほど娘夫婦を帰らした後、話し出したのがいまだに納得のつかない娘の結婚

最近では珍しくもなくなったできちゃった婚なんです
娘婿は16歳から自宅に遊びに来てるのに乗りが悪いし無反応、おまけに親が挨拶に来るのも事情を知ってから2か月後てなんやねん、などどぼやくぼやくのお話をですが、これを聞いてた中の一番ちっちゃな親父、駐車親父のいう言葉にすべて反応するのですが、その返事のすべてが頓珍漢な内容で、まったくというほど会話になってません

あまりのずれてる掛け合いに、一番ちっちゃな親父に「3回に1回は黙ってみたら」いうと、その隣にいた薬の売人
いろんな言い方ありますね、俺なら「ちょっとは黙れ!」の一言や

それに反応した一番ちっちゃな親父
「オウム返しするなということですか?」
 
最後までどこかずれたお返事でございます
 
*オウム返しの意味
 相手が言った言葉をそのまま繰り返すこと
 
 
 
◆ランチ:カレー倶楽部ルウ
◆この日のてくてく:6,923歩


1 2 3 4 5 6 445