焼き鳥屋さん、「おいしい店では、皮がいける!」そうな・・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ グルメブログ 食いしん坊へ ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ

久々に焼き鳥単体SHOPに来て思い出しました

1983年(昭和58年)今では、覚えている人やネタにする人も少なくなっているようで、ネット資料もとっても少なくびっくりの、香川県の仁尾太陽博覧会に行った当時は香川県の高松支店に勤務、おいしいおうどん屋さんの多いのは当然なのですが、香川県は、当時も鶏肉生産率の高い県
とっても大事にしていただいたお取引様に、
「ビールに、がいに合うけん!」と、連れて行ってもらったところが、今では有名な骨付鳥の一鶴さん
 
1989年(平成元年)アジア太平洋博覧会よかトピアに行った当時は、博多天神にある福岡支店勤務、
「屋台もお店も、スーパーの前での軽トラの焼き鳥屋さんでも、焼いたもんは豚であっても焼き鳥ばい!」
と先輩に教えてられた頃の、一番好きな串焼きは、豚バラでした 
 
40代、単身赴任の東京ではサザエさんの良くある風景、「焼き鳥、寄ってくか~」で、足しげく通った焼き鳥屋さん

0649そういえば、ここ最近焼き鳥専門のお店には、あまり行かなくなってる私、昭和30年代生まれの私の吸収消化分解バランスは「おいしいもの、ちょっとでいいからいろんな種類で!」に好みも変わってきたのでしょうか?
 
この日一緒に飲んでるおやじは、学生時代はかしわ屋さんでアルバイト、それも東部卸売市場の卸業者さんの下での見習い修業経験者
*大阪の昔の市場でのお肉屋さんは、牛と豚肉を扱い、鶏肉はかしわ屋さんと分かれていました
 
もともと鶏が嫌いだったというこのおやじ、学生時代のかしわ屋さんでアルバイトしていた経験が、
ええとこ食べてかしわ肉の薀蓄おやじになっての、「おいしい店では、皮がいける!」
 
ここでも、このおやじの「ぱりぱりに焼いてや!」のご注文通り、ビールによく合う、
パリパリの皮が出てきました
めでたしめでたし

0650  0651